ブラック企業の辞め方1 ブラック企業を見極める

ブラック企業の辞め方1 ブラック企業を見極める

このエントリーをはてなブックマークに追加  

ブラック企業の辞め方1 ブラック企業を見極める

私は制作系の仕事に携わっており、制作系だとどうしても、深夜まで会社にて作業をしなければならなかったり、残業、しかも見込み給料制のところがほとんどかと思います。

 

その中でも、まず、自分の会社がブラックであるのかないのか、そこを見極めなければ、ならないかと思います。その為、参考になるかわからないですが、自分の置かれた環境から書きたいと思います。

 

ブラック企業の見分け方 広告代理店

数年前、私は広告代理店に中途入社しました。前職はメディア系の技術の仕事をしておりました。ですので、現場の事は知っていても、外に出てしまえば、右も左もわからないわけです。特に広告業界は複雑です。「宣伝」という事においてありとあらゆる手法があるという事を知らなければなりません。私はそれを何もされないまま、配属先に放り込まれました。

 

もちろん、現場で身体で覚えろ!というやり方があり、それを否定しているわけではありません。しかし、現場でもそんな事すら知らないのかと恫喝され、どんどん私の会社での居場所を狭めていきました。

 

狭まったと言っても、残業時間が減ったわけではありません。朝九時半に出社して、帰るのが朝四時。それが四ヶ月続きました。完全に何もない休みは4か月の勤務のうちで三日間だけでした。

 

ブラック企業をうまく辞めるには

 

ブラック企業の多くは考える時間をくれません。だからこそ、辞めれないのです。

 

そして、上司も小言は言えど、聴く耳も持たない状態になりがちです。私の場合は同部署にほとんど味方は居ませんでした。このような場合どうすれば、うまく辞めれるのか。私はその会社がつらくとも、同じ業種の仕事はしたかったのです。

 

様々な業種業界がありますが、代理店などメディアの世界は凄く狭いです。うまく辞めないと、あそこの会社にいたあの人はあんな事して砂かけて辞めたと、すぐ情報が回ります。私はそれを解決する為に行ったのは、社内に味方を作る事です。

 

ブラック企業と確定しているのであれば同じ思いを持って働いている方が絶対にいるはずです。そして、それは一人や、二人ではないはずです。いやいや、味方をつけるにしても、時間がないんだよっと仰る方がいると思います。探して見てください。どこかに絶対時間はあるはずです。

 

私は辞めようと考えたとき、会社の誰よりも会社に一番長くいましたので、先輩や上司に拘束されている時間以外の時間を探しました。そして、お昼の時間などに他部署の先輩や上司と食事をしたり、ちょっと書類を他部署に持っていた時に話したり、深夜に時間をもらったりしました。

 

そして、今、自分がどうその方たちに映っているのか、また、会社の体制をどう思っているのかを話しました。そうすると、様々な自分の知らない全体像が見えてきたり、会社の中で自分というものが勝手に拡散します。すると、話が巡り巡って、自分の上司の耳にも入り、しんどいのか?相談するか?といった話に自然となると思います。

 

ここで、円満退社となればいいのですが、ブラック企業はとんでもない提案をしてくる事があります。アルバイトになって時間を短縮してみるか?一見、私の事を考えてくれているように見えます。次の仕事なんて早々見つからないだろう・・・という計らいに聞こえるかもしれません。しかし、私の場合は正社員、契約社員でも薄給でしんどいのに、時間を短縮されたあげく、アルバイトになったからといって、やる事は同じなわけですから、こき使われて、自分の時間が無い、次の動きも出来ないと悪循環を生んでしまいがちです。

 

同業他社に行くにしろ、全然違う業界に行くにしろ、辞めるならばきっぱり辞めた方がいいかと思います。

 

ブラック企業に転職しないためにブラック企業の特徴をチェック→ブラック企業の見分け方

企業の口コミ、年収情報をチェックしておこう!

関連ページ

ブラック企業の辞め方2
ブラック企業の辞め方の続きです。
ブラック企業を辞めれた体験談1 イベント企画業界
ブラック企業を無事に辞めることができた体験談です。イベント業界の人のお話です。
ブラック企業で休みたい日に休む方法【有給休暇を使う方法】
ブラック企業で有給休暇を使う方法について書いています。
ブラック企業で円満に退職する方法【ブラックアルバイト編】
ブラック企業で円満退職する方法について紹介しています。今回はブラックアルバイトの方の体験談です。
このエントリーをはてなブックマークに追加  

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP ブラック企業体験談 ブラック企業の辞め方 企業の口コミをチェック